毎日さわるリモコン。ご家族が多いご家庭では特に色々な人がリモコンには触りますよね。リモコンに付着した埃や手垢、食べかすなどは雑菌の温床になってしまいます。身近なリモコンがそんなに汚いなんて、リモコンを触った手で飲食をすることなんて日常茶飯事ですし、特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では注意したいですよね。掃除と言ってもボタンがたくさんありますし、除菌スプレーで軽く拭く…ぐらいしかできませんよね。そこで簡単で綺麗になっちゃうリモコン掃除のコツをお教えしたいと思います!

 

まず木工用ボンドを用意します。必ず液が硬めの物を選んでください。サラサラした水っぽいものや、液体のりではうまくいきません。ずっと使っていないボンドだと分離していたりするのでティッシュなどに試しで出して確認しておくと安心です。また掃除するリモコンも必ず電池を抜いてください。

 

ここから先は思い切りが必要です。リモコンのボタン部分に厚めにボンドを塗ります。コツは厚めに均一に盛るように塗ることです。汚れが気になる部分に塗ったらそのままボンドが透明になるまで乾燥させます。暑さや気候次第ですが、大体数日で半透明になります。
その間リモコンが使えなくなるのでエアコンなど替えがない家電のリモコンの掃除をする際には時期に気をつけましょう。春や秋などエアコンが必要ではない時期をお勧めします。
ボンドが乾いたらゆっくり一気に剥がします。木工用ボンドはプラスチックやゴムにはくっつかないため綺麗に気持ち良くはがせます。この感覚はやみつきになりますので楽しみにしていてください。
ボンドを剥がすとボンドにボタンや隙間の取れなかった汚れがびっしりくっついていて圧巻です。とても気持ちが良いですよ。ボンドの乾かし具合ですが、必ず完全に乾かしきるまで我慢してください。完全ではない場合、ボタンや隙間にボンドが残ってしまいます。その場合も焦らず乾ききらなかったボンドを完全に乾かし、爪楊枝などでこそげ落とせば問題ないです。

 

このボンド掃除方、クシやブラシなど応用次第ではまるでプロのような掃除術になります!いろいろなものを綺麗にしちゃいましょう!

カテゴリー: お掃除のコツ