掃除は家事の中でも苦手な方が多い項目になります。
しかし、掃除をしないと家の中の清潔さを保つことが出来ず、衛生的にも問題です。
大切な自分の我が家ですので、家の寿命を伸ばし、快適な住空間を保つためにも掃除は欠かすことが出来ません。
毎日掃除はしていても、どうも綺麗になった気がしないという方はプロのコツから学ぶことで効率よく家を綺麗にすることができるかもしれません。
例えば、毎日使うトイレは綺麗な状態を保ちたいものです。
トイレを綺麗にするにあたり、まずは掃除機をかけることを忘れないようにしましょう。
最初から水拭きを始めてしまうと床にたまったほこりを逃してしまいます。
また、いきなり床から拭き掃除を始めるのではなく、原則として上から下へと拭いて行きましょう。
棚や洗面ボウルなどから拭いていくようにします。
中にはトイレブラシを使うのが嫌でなかなかやる気が起きないという方もいらっしゃいます。最近ではトイレブラシも使い捨てシートを利用する製品が販売されていますので、掃除の都度捨てていけば不快感も和らぎます。
トイレブラシを触るのが嫌で掃除をしないのであれば、トイレブラシがなくても便器が綺麗になる製品を使えばいいでしょう。
また、お手洗いで忘れがちなのが換気扇です。
毎日換気扇は廻っていますので、意外にも多くのホコリが溜まっています。
毎日はケアできなくても定期的に換気扇もハンディモップなどでホコリを落としてあげましょう。
片付いたリビングには美しいフローリングが似合います。
フローリングは手軽に気が付いたときに拭くことができるように、フロアーモップをフロア毎に常備しておくと気が向いたときにすぐに取り掛かることが出来ます。
特にフローリングは素足で触れる個所になりますので、汚れや皮脂でべたついていると不快感を感じてしまいます。
こまめに水拭きをしておくことで、さらさらの床をキープすることが出来ます。
その際、床材を痛める可能性のある重曹などは使わないように気をつけましょう。

カテゴリー: お掃除のコツ