プロがしている掃除のコツを真似するだけで、より清潔で綺麗な状態にすることができます。まずトイレですが、トイレは普段から掃除をしているから大丈夫という方も案外見落としているところは意外と多いものです。トイレはまずは掃除機をかけるところはらスタートするのがコツになります。トイレという場所は換気扇が回っていて、意外とほこりが集まりやすい場所だからです。上から順番にほこりを吸い取っていくことが大事です。いきなり最初から水拭きをしてしまうと、ほこりだまができてしまうからです。

トイレはクエン酸が大きな味方になるのでプロは使っています。トイレの壁とか床、便器と床のつなぎめの尿の汚れには酸が効果的です。プロはこういった部分の汚れに、クエン酸水を含ませた雑巾で拭いています。
届きづらいという場所には、道具を工夫することも大事です。便器のフチの裏側にはトイレブラシよりも小さいサイズの、靴洗いようのナイロンブラシを使うと隙間の汚れまできちんと磨くことが可能になります。便器とふたの隙間などのせまいところは、使わなくなったカードなどに古い布を巻きつけて汚れを落とすのが効果的です。

次は家族が集まるリビングですが、こちらに掃除機をする場合にはプロは押しながらではなく引きながらかけています。それは引く時の方が吸引力が高くなっているからです。床の種類によってもかける方向は重要です。フローリングとか畳の場合には目に沿ってかけることが大切ですし、カーペットの場合には、縦と横の十字がけに掃除機をかけていきます。それはいろいろな方向からかけることで、繊維の中に隠れてしまっているほこりを取り除くことができるからです。
窓ガラスを掃除する場合には、プロは水とスクイージを使っています。まず刷毛でガラス面とかさっしの砂ぼこりを払っていき、次にゆるく絞った雑巾で窓全体を濡らします。そのあとスクイージを斜めに傾け、横に引いてから上から下に汚れを落としていきます。最後に残った窓の端でスクイージを縦に動かして、窓の下にたまった水をふき取り完成です。

カテゴリー: お掃除のコツ