住まいの中で、様々な場所の汚れが気になるものですが特に気になる汚れの一つは、トイレです。定期的にトイレの掃除を行っているのに、ふち裏の部分にいつのまにか汚れが付着しており、頑固なものは落とせないままになってしまったという経験もあるものです。プロが教えるという掃除のコツを知ると、そういった悩みを解消できるようになります。
トイレで一番落としにくいふち裏の掃除を行うコツをマスターすると、効率よく落とせるようになります。まず、ふち裏部分にトイレ洗剤を吹き付けます。次に、トイレットペーパーを便器の周囲を囲むように詰めておき、その上からまた洗剤を吹き付けておきます。1時間程度放置した後に、メラニンスポンジを使い汚れを手袋をした手で擦ってください。こうすると汚れの確認が出来やすくなります。
通常、トイレ掃除でここまで放置することは、家庭では少ないものですが、プロはここまで時間をかけて薬液の作用を最大限に引き出す方法を行なっています。1時間トイレが使えない状態になるので家族が居ない時間帯を見計らって行う必要がありますが、効果的に黒ずみなどの汚れを落とすことができるようになります。
このときに、トイレットペーパーよりもキッチンペーパーを活用すると紙の厚みがあるので成分をしみ込ませる効果が大きくなります。ただし、キッチンペーパーを使用した場合にはトイレに流すことができなくなるので、その分手間はかかるデメリットはあると考えておきましょう。
定期的にトイレの掃除を行っているのに、ふち裏の汚れがなかなかきれいに落とせないという悩みがある場合には、このようなプロの掃除のコツを知ると効果的に落とせるようになるのでお試しください。短時間でトイレ掃除を済ませている方が多いものですが、放置時間を作るということが汚れの除去に役立っているわけです。プロならではのコツをマスターすれば、頑固なふち裏の汚れもすっきり綺麗に保てるようになります。

カテゴリー: お掃除のコツ