日頃のお掃除の中でも後回しになるのが排水管であり、排水溝は億劫になるゾーンです。特有なニオイがしたヌメリが激しく時間もかかるなど、工程を考えるだけでやる気がすでにそがれてしまいます。しかし効率よく掃除のできるアイテムを揃えておけば、簡単にキレイにして清掃も億劫にはなりません。

排水管掃除のポイントは清掃グッズを揃えること、役立つアイテムを揃えておけばすぐにでも開始できます。手を洗剤や水から守るゴム手袋にスポンジ、汚れを落とす洗剤に使い古したハブラシがあれば大丈夫です。ざっと見てもわかるように特別なアイテムはないので、特に新しく買い足すこともありません。

パイプの中をリセットする前に、まずは排水口と排水溝周りの汚れを除去することです。水分が溜まりやすいのも排水溝周辺ですので、そのままにすると水垢も溜まりますしカビも発生します。洗剤の種類としてカビ取り剤があると強力であり、スポンジに含ませて汚れを取り去りますが、換気をしっかりとすることです。

受け皿部分には、石鹸カスや髪の毛が溜まっているので取り除いて、受け皿も洗います。全体的にスポンジでキレイにしてから、細かい穴の部分は使い古したハブラシを使い汚れを落とせばピカピカです。

排水溝周辺をしっかりキレイにしてから、排水管の中の掃除を開始です。取り外すことのできるパーツは、全て取り外します。手には必ずゴム手袋を付けて、スポンジを使い排水溝内を清掃しますが、細かいところや凹凸部分はハブラシを使うと汚れを除去しやすいです。

手間に感じやすい排水管掃除には、クエン酸と重曹を使った汚れ落としもポイントになります。どちらも成分的に危険がなく、安心して使えるうえに汚れをしっかり落とせる優秀な成分です。重曹を受け皿や排水溝パーツなどに振りかけて、クエン酸水をスプレーしたら、1時間ほど放置をして洗い流します。こまめな排水口の掃除こそが、排水管をクリーンに保つ最大のポイントです。

カテゴリー: お掃除のコツ