プロは掃除のコツを抑えているため、業務用の洗剤と道具をフル活用しながら、効率的に満足の行く仕上がりにすることができます。清掃時にはあらゆる洗剤を使い分けることになりますが、正しいクリーニング剤を適切な箇所に使うことも大事です。

清掃時にあった方がよいのはオキシドールを含む製品であり、漂白剤のように刺激の強いガスを発生させることがありません。健康への心配のもとにもなる刺激性ガス発生のないオキシドールは、目立ちやすいタイルの隙間汚れまで落とす優れものです。

汚れにクリーニング製品を使用するときは、すぐに拭かないで7分間は時間を置くようにします。洗剤成分はある程度の時間を置くことで、垢や汚れに浸透をするためです。清掃をする時には方向を決めて進めることであり、時計回りに清掃をするか、反時計回りでも構いません。

肝心なのは室内を円を描くようにキレイにしていくことであり、決まった方向へ進めると見落としが無いためです。汚れがちなトイレ清掃は、便器の中を空にすることで、パーフェクトな清掃をすることになります。輝きをもたらすにはクリームクレンザーを使用して、ブラシを使用してゴシゴシ擦りキレイにすることです。

プロ清掃のコツとして共通をすることの一つは、最も高い一から掃除をはじめること、そこからは下方向へと掃除を進めていきます。バスルームなら湯船から手を付けがちですが、最も高い壁の部分に洗浄剤をスプレーして、ソフトなスポンジで下方向へ磨いていくことです。上から下に汚れを落とすので、後戻りをする必要がありません。

ガラス窓やタイルにも、汚れやシミを付けることにもならないです。黒カビなどはタイルの隙間に発生しがちなので、歯ブラシでこすり落としてしまいます。ラストは床の掃除であり、落ちたゴミや髪の毛にホコリなどを一斉に片付けることができるので、バスルーム掃除のラストは床の清掃です。清掃手順をプロにならい、上から下へ進めることなら、一般家庭でもすぐにできます。

カテゴリー: お掃除のコツ