玄関はさまざまなお客さんが訪れる場所で、家の印象に大きな影響を与えます。
お客さんやご家族が清潔感があると感じて気持ちよく出入りできるように、日頃から綺麗にしておきたいところです。
玄関はドアを開けることが外気が入り込むため、砂埃が溜まっていることが多い場所です。
ホウキなどを使っても狭い隙間やタイルのパターンなどに残ってしまい水拭きをしたくなるところですが、砂埃が水分を含んで余計に頑固な汚れになってしまうばかりではなく広げてしまう可能性があります。
そんな時に便利なのが塗装用のハケで細い毛が細かい砂埃を払うことができ、実はプロのお掃除の現場ではよく使われているアイテムのひとつです。
掃除機を使って吸引する時には、お部屋でも使うことを考えると本体やホースが汚れるので躊躇してしまうことがありますが、先端にキッチンペーパーの芯をカットしたものを付ければ先端が細いノズルの代わりに使用でき、汚れてしまったら使い捨てにできるのも便利です。
砂埃を取り除くことができたら水拭きを行いますが、ドアや窓などで撥水性が高くツヤのある素材を使用している場合は水拭きをした跡が気になってしまうことがあります。
その場合は乾拭きを行いますが、何度も行ったり来たりしないように布を動かす方向を決めてムラにならないようにするのがコツです。
ドアのノブなど多くの人が触る機会が多い箇所には、汗や皮脂汚れなどが付着して水拭きだけではなかなか汚れが落ちないことがありますが、素材をできるだけ傷めずにそれらの汚れをしっかりと落とすために弱アルカリ性の洗剤をスポンジなどに染み込ませて拭けば綺麗になります。
窓が付いている場合には、まずはハケを使用して表面の埃を取り除きます。
下に木製のフレームなどがあり湿らせたくない場合は、古いバスタオルなどを敷いて養生を行います。
つづいて水を多く含んだ雑巾で窓全体を濡らしてから水切りワイパーなどを使用して斜めに引いて今度は上から下に引き窓の端で縦に動かし、最後に下に溜まった水を拭き取れば終了です。

カテゴリー: お掃除のコツ