普段の生活の中でのお掃除や年末の大掃除など、暮らしていく上で住居を清潔に保つために清掃は欠かせない家事の一つです。しかし素人がなんとなく行なっている清掃と、プロの業者が行うものでは、明らかにクオリティが違ってきます。そこでプロが日常的に使っている掃除のコツをマスターすることで、日常のお掃除を効率よくこなすことができるのです。まず最初に大切なことは、部屋の汚れには様々な種類があるということを理解しなくてはなりません。大きく分けて汚れにはタンパク汚れと油汚れ、それにその他のものがあるのです。

 

アルコール製剤などは油を分解するため、油汚れには非常に効果がありますが、種類の違うものに対しては汚れを広げてしまうだけで、逆効果となる可能性もあります。そのためどういった汚れが付着しているのかという性質を見極め、それに対応した洗浄剤を使うということが最も重要です。例えばキッチンの周りであれば、油汚れが最も手を焼く要因となります。そのため油を十分に分解できる界面活性剤や、アルコールを含んだ薬剤でしっかりと取り除き、その後に拭き取りなどを行うという手段が最も効率的です。一方でベランダなど埃や砂などが多く付着するような場所では、最初に水や蒸気などで大まかに汚れを取り除く方が早く済むでしょう。またどのような掃除用具を用いるかということも、非常に大きなポイントです。基本となるのはスポンジやブラシですが、細かい部分を綺麗にするために使い古した歯ブラシなどを何本か用意しておくのがオススメとなります。

 

子供やペットの触れる場所で洗剤などをあまり使いたくない部分では、高温の蒸気を機械で吹き付けるなどすると安全に綺麗に出来ます。ただしプラスチックやガラスなど、熱に弱い材質の場合は素材を傷めてしまいますので、注意が必要です。家の中には浴室、トイレ、台所、じゅうたんなど様々な汚れ方をしている部分があります。面倒がらず掃除用具や薬剤を使い分けることで、効率よくプロ並みに掃除することができるのです。

カテゴリー: お掃除のコツ