お風呂場の鏡や蛇口、シャワーの周辺は、水垢に悩まされる場所です。水に含まれているミネラル成分によって、濡れた後に渇くことが重なり固く頑固な水垢の付着が起きてしまいます。普段から掃除をしていても、いつの間にか白く曇ったようになってしまい、掃除をしているのにきれいな輝きを取り戻せない悩みも多いものです。

水垢はアルカリ性なので、通常の掃除なら中性洗剤でも問題ないのですが、汚れがひどい時には弱酸性の洗剤を使うのがプロのコツです。お風呂洗剤の多くは、中世と弱酸性のものが市販されていますので、成分表示を確認して購入するのがおすすめです。また、クエン酸や酢を使うことでも落とすことができます。

頑固な水垢には、プロが行なっているコツを知ると汚れを落としてきれいな輝きを放つ蛇口に戻せるようになるのでお試しください。まず、弱酸性洗剤を塗りつけて乾かないようにラップで覆います。水垢の汚れを洗剤の成分で緩める方法ですので、この後にこすって落とすようにします。

蛇口周りに弱酸性の洗剤をスプレーして、スポンジで伸ばしておきます。この後をラップを覆うようにしてから、15分~30分程度そのままにしておきます。その後ラップを剥がし、汚れの落ち具合を確認してみてください。もしも水垢が残っているようであればもう一度スポンジに洗剤をつけてこすってみましょう。スポンジの感触で、汚れが落としやすくなっているかが分かるようになります。
プロが行うお風呂の蛇口周辺の掃除のコツは、洗剤の選び方と、ラップを使って成分を含ませることで汚れを落としやすくすることです。
これまで何度もお風呂洗剤をつけてこすっても、蛇口の水垢が取れなかったという方は、この方法を行ってみれば落としやすくなり悩みを解決出来るようになります。輝きのある蛇口だと清潔感もあり、お風呂全体にも美しさが感じられるようになるメリットもあるので、ぜひ、お試ししてみませんか。

カテゴリー: お掃除のコツ