掃除のプロは、どういった順番でどこをポイントにしてそうじを行ったらよいのかを知っています。日常生活の中で水回り部分は特に汚れが目立つので、コツを押さえて行うことが大切です。
プロが行っているお風呂掃除は、カビをポイントごと取り除いています。お風呂には赤カビと黒カビがありますが、塩素系や酸性のカビ取り剤を使わないと落ちないのは、黒カビです。プロの場合、この黒カビを塗ってしばらく放置しますが、放置をする際にも薬剤が乾かないよう、食品用ラップをはり付けています。そしてカビ取り剤を塗りつける時は乾いた状態のところではなく、少し湿らせてから塗っているのもコツとなります。これは乾いた状態であるとカビ取り剤が入りにくくなってしまうからです。あまりにも濡れた状態の場合であれば水分を取り除いてから塗るようにしましょう。
そしてお風呂場の鏡にできてしまう白い曇りやうろこ状の汚れは、中性洗剤を付けたスポンジでは落ちないことが多いです。プロは中性洗剤ではなくメラニンスポンジや酢といったものを使って落としており、水に薄めた酢はシャワーヘッドもきれいにすることができます。
シャワーヘッドをきれいにする場合は、水3カップに対して酢を100ml入れたものを用意し、そこにシャワーヘッドを1時間ほどつけておきましょう。そうすると汚れが浮き出てきます。使わなくなった歯ブラシを利用してこすり落とすとさらに細かい部分まできれいにすることができます。
蛇口の部分は、伝線してしまったストッキングを利用して磨いていきます。蛇口は水垢がつきやすく、特に水が出てくる部分は掃除をし忘れてしまいがちです。歯ブラシなどを用いて丁寧に汚れを落としていくようにします。
お風呂の水垢や体から出た汚れはアルカリ性であることが多いので、酸性のものを使用すると中和されきれいにすることができます。お風呂場の洗剤には塩素系と酸素系の2種類がありますので、この2つを合わせて使わないように注意します。

カテゴリー: お掃除のコツ