掃除は何かと億劫なイメージですが、実は効率的に行うことで、驚くほど簡単に汚れが落ちたり気持ち良く仕上げられます。
プロはまず、汚れの種類を見極めることで、どのタイプの洗剤や洗浄方法が適しているかを判断します。
水と油は混ざらないように、洗剤にも相性がありますから、まずはこれを見極めることがコツの1つです。
脂溶性には乳化作用を持つ洗剤が適していますし、最適な洗浄力を選ぶことで力を入れなくてもスッキリと落ちます。
対して、水溶性は水に溶ける性質ですから、それほど強力な洗剤でなくても良いですが、やはり組み合わせを間違えるとベストな結果は得られないです。
プロは他にも、酸性とアルカリ性を見極め、酸化還元反応で楽に汚れを落とす掃除の実現を目指します。
汚れや洗剤の種類が分からない場合は、複数の洗剤を手元に置いて使い方の指示に従い、汚れに合わせて選択するのが良いでしょう。
これなら間違える心配はありませんし、プロではなくてもコツを知ったり、楽しく掃除を行う切っ掛けが得られます。
もう1つのポイントは、掃除の対象や場所に合わせて、適材適所の掃除道具を選ぶことです。
傷つきやすい対象に固い物や、高い場所で手を伸ばす必要がある掃除道具は、プロでなくともNGだと分かります。
傷は汚れを溜め込む性質があるので、次回以降の掃除の際に、汚れが楽に落とせなくて苦労することになります。
プロは、固さにも着目してベストな掃除を行いますから、何処に何を使うか見極めることもまたコツというわけです。
高い場所には柄の長いモップなどを選び、無理なく楽に作業できるよう心掛けることが大切です。
無理な姿勢は体を痛めますし、何より直ぐに疲れて楽しくなくなるので、折角綺麗にする作業が台無しです。
依頼を受けて作業を行うプロは、体を痛めたり疲れても休めませんし、場合によっては長時間体を動かし続けます。
そのような問題を解決する為に、プロは洗剤や道具選びのコツを身につけることで、少しでも快適に作業できる工夫をしています。

カテゴリー: お掃除のコツ