掃除がなかなか上手くいかない方は、プロの方からコツを学ぶのがおすすめです。プロとして掃除を行っている方々は、数多くのコツを使いこなすことでスムーズかつスピーディーに作業を進めています。豊富な実績から生み出されたそれらのテクニックは、私たち素人にも学ぶべき点がたくさんあるはずです。

重要なのが、準備をしっかり行っておくことです。実は手際が悪い人のほとんどが、事前の準備をやっていません。洗剤が必要になってから取りに行くといったようなことをしているため、時間がかかったり床にこぼすなどのミスを犯してしまうのです。実際に取り掛かる前に、洗剤から用具まで必要と思われるものは全て手元に揃えておくようにしましょう。

今から取り組む箇所に対する下準備も重要です。例えば窓ガラスを拭く場合、どうしても雑巾からしたたる水などで床を汚してしまいがちです。そこで事前に古いタオルなどを用意しておけば、こぼれた洗剤液で床を濡らすことがありません。濡らしたくない場所にはあらかじめ新聞紙などでマスキングしておくのも、スムーズに進めるために欠かせない準備の一つです。

拭き取りは、まず上の方から行い、下に向かっていくのがセオリーです。これは先に下からやってしまうと、次に上に取り掛かったときの汚れが洗剤がすでにやり終わった箇所につくのを防ぐためです。常に上から取り組むようにすれば、床に落ちたホコリも効率的に拭き取ることができ無駄がなくなります。

洗剤の使い分けも重要です。実は市販の洗剤にはそれぞれ違いがあります。それらの特徴は容器の裏などに書かれているので、必ず目を通して理解しておくようにしましょう。例えば金属に付着した曇りを取り去るのに便利なクレンザーは、研磨剤を多く含んでいます。金属の製品には有効ですが、漆器のような柔らかいものに使ってしまうと、表面がキズだらけになりかねません。柔らかめのものには研磨剤を含んだ洗剤はご法度で、代わりに中性洗剤を使うのがおすすめです。汚れや場所に応じて最適な洗剤を選ぶようにしましょう。

カテゴリー: お掃除のコツ