キッチンは食材を扱う場所で、菌が最も繁殖しやすいところでもあります。毎日きれいにしておかないとあっという間にぬめりなどが発生し、時期によっては小ばえなどが発生してしまいます。
プロが行うキッチン掃除のコツは、まずシンク関係です。シンクの排水溝にできるぬめりは、雑菌が繁殖してできたものです。そのままにしておくと徐々に茶色くなり、独特の臭いを発生させるので除去しなくてはなりません。できたばかりのぬめりであれば、中性洗剤と使い古しの歯ブラシで落とすことができますが、ある程度進んでしまうと中性洗剤では完全に落とすことができません。そういった時は塩素系の漂白剤を使用し、排水溝にかけるようにします。10分程度放置しないとぬめりは落ちませんので、その間の時間はシンクで水を流さないようにしましょう。10分経ったら水をかけ使い古しの歯ブラシで丁寧に落としていきます。なお、ぬめり掃除をする際、水よりもお湯の方が良く落ちるような気がしますが、プロの場合、ぬめり掃除をするときは熱湯を使用していません。熱いお湯は排水溝の素材を傷めてしまいより傷ができてしまうからです。コツはぬるま湯を使用すること。ぬるま湯の温度は45度ほどにしておくとシンクを傷めません。そして排水溝の掃除は2日か3日に1回は行うようにします。ですが、梅雨時期などじめじめしていてぬめりやすい気候の場合は、毎日行うことが大切です。そしてシンク内に三角コーナーを置くのをやめましょう。三角コーナーはきれいな状態を保っていてもいつの間にかぬめりが生じてしまい、きれいなシンクを保つのが難しくなります。余計なものはシンク内に置かないことがきれいを保つコツですし、掃除もしやすくなるので、夕食後に掃除をするのが苦痛にならなくなります。
一度にすべてを行おうとすると時間がかかり、丁寧さも欠けてしまいます。できれば毎日少しずつ行うと、掃除に時間もかかりません。

カテゴリー: お掃除のコツ